パパ活に向いていない私がパイズリモデルに挑戦した

はじめまして、アミと言います。27歳のGカップです。

顔は普通です。「かわいい」とも「ブサイク」とも言われない、ごくごく普通の顔面です。

高校卒業をして10年ぐらいフリーターをやっていて、今はカラオケ屋で働いています。

目次

パパ活には向いていなかった

カラオケ屋の仕事仲間との写真

1年前、収入を増やすためにパパ活をはじめました。コロナでシフトが減ったのが原因です。

おっぱいを強調した写真を載せると「いいね」はたくさん集まりました。顔合わせも簡単でした(ドタキャンは何度かありましたが・・)。

でもその先が続きませんでした。

いきなりホテルに誘われたり(誰が30も年上の男とエッチするか)、興味のない自慢話を永遠と聞かされたり・・・。
プライベートをあれこれ聞かれることもありました。

なんというか、身のキケンを感じて、パパ活はあきらめました。

たぶんコミュニケーション能力があれば上手くできるのでしょうけど、不器用な私にパパ活は向いていなかったのです。

パイズリモデルに挑戦

そこで始めたのがパイズリモデルです。

実際にやってみた感想を率直に言うと、すごく「ビジネスライク」でした。仕事として割り切ってできるという意味で、非常にやりやすかったです。

エッチしなくていいし、プライベートを聞かれたりすることはゼロです。ずっとマスクをしていいので、プライベートは完全に守られています。

実際の撮影は楽しかったです。スタッフさんがとても丁寧に接してくださり、大事に扱ってくださいました。

それでいて効率よく稼げます。誰でも月10万円近くは稼げます。

もちろんパパ活の方がドカンと稼げる夢はあると思いますが、確実性でいったら絶対パイズリがおすすめです。

パイズリモデルはストレスフリー

しかしジャンルでいうとアダルトビデオですので、それはそれで抵抗ある人は多いと思います。

でも私の経験的に言えることは、パパ活よりも圧倒的にストレスが少なく、そして安心・安全なことがパイズリモデルのメリットです。

超ローリスクでそこそこ稼ぎたい子にはとても向いている副業だと私は思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる